« 2004年1月10日 | トップページ | 2004年1月12日 »

幸せって…

私、本当は7歳で死んでいたらしい。

交通事故で瀕死の重傷を負った私は、
それでもかろうじて生き延びることができ、
幾多の紆余曲折を経ながらも今日に至っている。

現在こうして生きていることにはもちろん感謝しているのだけど、
自分の運命に逆らって生きているのでは?
という疑問は頭の中から消えることはなかった。

自分の運命だけならまだいい。
他人の運命まで無理やり変えてはいないか?
その報いがが現在の自分に課せられているのではないか?
そんなことばかり考えるこの頃である。

他人の運命とは、「結婚」。

結婚したものの、私は4年前に夫から追い出され、
それ以来一人で生きている。
「人は一人では何もできない」
そんな言葉を背に受けながらも、一人で生きている。
やはり世間の風は、冷たい。
通り過ぎる人は多くても、手を差し伸べる人はいない。
わからなくちゃいけない、と思いつつも、やはり現実は厳しい。

そんな逆風の中、
自分はいったいいつまで生き延びられるのだろう?
世間ではもう落ち着いていなければいけない年代だというのに、
いつまでも試行錯誤の毎日である。

旅の仕事をし、人々と夢を分かち合う。
一見「羨ましい」と見られがちだが、
実際自分の夢や希望は、はるか彼方に消え去った。

大きな幸せはもう望めそうもないけど、
せめて小さな幸せだけでも、毎日見つけていきたい…
たわいもないことでも、
自分なりに幸せと思える何かを求める努力をしたい。

そんなかすかな望みを持って書き始めたのが、
「ここ」です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年1月10日 | トップページ | 2004年1月12日 »