« 2004年2月3日 | トップページ | 2004年2月5日 »

平山相太クンの未来…

愛読しているぴーちゃんの身元引受人さんのページ「たなぼた」に平山相太クンネタを発見し、思わず反応しました。

平山相太、U-23日本代表入り

激しく同意です!!
平山相太クンがJ1を蹴ってまで進学することに、一部ではかなり非難の声が上がってるんですが(特に2ch)、1~2年で解雇されて行き場を失っている20歳そこそこの元Jリーガーのなんと多い事か…
それを考えると、大学でじっくり身体を造り、心身能力を高めることがいかに重要かがよくわかる。
Jリーグでもそれなりの施設は整っているでしょうけど、メンタルトレーニング、セルフプロデュースやコンディショニング、そしてコーチング、総てを体系的に学ぶ機会はありません。
彼はそれを吸収する能力のある、数少ない代表選手の一人といえるでしょう。

入学後は「特別指定強化選手」として、鹿島や水戸に駆り出されるという話がありますが、Jリーグ偏重のサッカー協会の姿勢に惑わされることなく、しっかりと自分の将来を見据えて育っていってほしいものです。
ぴーちゃんさんのおっしゃるように、大学出の日本代表選手も多数いるし、長く活躍している。
スィーパーだけでなく、ゴン中山のようなFWもしっかり育っている。
ゴンはあのキャラクターだけで長続きしている訳では決してなく、やはり大学で培ったものを吸収し自分のものにし、日々のトレーニングに取り入れ活用しているからこそなせる業だと思う。

本当に素晴らしい選手だと思うならば、目先の大会ばかりに捕らわれることなく数年先を見越した育て方をしないと、間違いなく1年後には潰れてしまう。
そうならないための管理方法を協会側はもっと考えるべきだし、大学がもっと主張してもいいのでは、と思う。
少なくとも「育てる」という視点においてJリーグは大学に劣るし、契約金が介在する限り無理というもの。

余談ですが、ピーちゃんさん、日本代表の4番に「越田剛史」の名前が出てくるとはサプライズ!でした。
(ヤツは、実は友達です)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

リトル・ハピネスな1日

いつも聴いてるJ-WAVEの「BOOM TOWN」。その中のコーナー「鏡リュウジ監修STAR MAN」の今日の言葉です。

月は蟹座を運行しています。蟹座は月が支配する星座で、気持ちがデリケートになりそう。涙腺が緩くなっている可能性もあります。ついもらい泣きしたり、小さなことで感動したり。でも、そんな小さな「嬉しい」で気分はよくなるもの。リトル・ハピネス、積み重ねて大きなハピネスを!

この星占いは、「今日のベストは○○座」などの星座別ではなくて、誰にでも等しいメッセージが贈られるのがユニーク。
ま、考えてみたら月は1つしかないんだし、星座別に一喜一憂してもねぇ、とようやくそんな気持ちにシフトできてきました(笑)。

今日のキーワードはまさに「リトル・ハピネス」 。
小さな幸せをいっぱい見つけましょう! という1日らしい。
青空が気持ちよさげだし、小さな春を見つけに出かけてみようかな…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月3日 | トップページ | 2004年2月5日 »