« 久々の仕事の話 | トップページ | 処女航海 »

博多銘菓「中洲deいちご」

itigo01.jpg
先週北九州に帰省した帰りに、何気なく北九州空港の売店で手にしたお菓子。
あんまり期待してなかったけど、食べたら病みつきになりました!
フリーズドライしたイチゴ丸ごと1個、ホワイトチョコレートでコーティングしてあるんです。
「いちご大福」などで丸ごとイチゴのお菓子はたくさんあるけど、フリーズドライの食感は初めて。
とにかくサクッと軽いんです。
博多のイチゴは「あまおう」「とよのか」など、静岡を凌ぐ勢いで人気が高まっていますから、フリーズドライでもイチゴの味は衰えません。

作ったのは銘菓「博多の女」で有名な二鶴堂さん。

左のWhiteDayリストに載せたいのですが、二鶴堂独自のオンラインを持ってるのでこちらへ。
あっ、「中洲deいちご」のプレゼントもやってます。
でも、これは応募しないでね! 倍率が高くなる…(^_^;)
いや、もし当たったら私に下さい(笑)。

|

« 久々の仕事の話 | トップページ | 処女航海 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

これは北海道のホワイトチョコレートで有名な六花亭が1998年から販売している「ストロベリーチョコレート」にとてもよく似ています。 http://www.bidders.co.jp/pitem/15940080 機会があれば食べ比べてみたいですね。六花亭の社長さんは「福砂屋さんのカステラはひとつの目標でした。わが社のもなかなか良いものができるようになりました。」と広告で述べていました。競い合って美味しいもの作ってもらえれば北海道でも九州でもいいですよね。

投稿: | 2004.02.29 01:24

すみません
掟を破って「中洲deいちご」プレゼントに応募してしまいました。
だっておいしそうなんだもん。
当たってもあげないもんね~☆。

それよりか、ここの時計遅れてるぞい。
遅刻しそうになったじゃないかい。

投稿: ピー | 2004.02.29 08:36

惑さん、どうも。
ほんとだ!
多分六花亭の「ストロベリーチョコ(ホワイト)」と全く同じ製法ですね。
六花亭というと「マルセイバターサンド」までしか記憶にありませんでした。
昔は仕事でよく六花亭にもお邪魔したのですが、もう数年北海道に行ってないことになります(シミジミ)。
サイト覗いてみたら随分いろいろな商品があるのですね。
納豆まであった(笑)。

投稿: まりあ | 2004.02.29 10:35

もーっ、ピーちゃんったら!!
せめて、「当たったらホワイトデープレゼントにする」位書いといてくれたら、笑って聞いといたのに(笑)。
(って、バレンタインもあげてないのに…)

それよか、時計遅れてました?
ごめんなさいですm(__)m。
今は大丈夫だと思うのですが…
きっと時計も日曜の朝はゆっくりしたいのでしょう(^_^;)。

投稿: まりあ | 2004.02.29 10:40

すみません
じゃあ、当たったら1個送りますので、来年はバレンタイン・チョコください。

時計ですが、もしかしてこれって僕のほうのコンピュータの時刻が反映されるのかしら。
良く見てみたら、こちらの時刻と同じに表記されていたように思えます。
うーん、よく仕組みがわからん。

投稿: ピー | 2004.02.29 10:52

りょ~かい! 契約成立ねっ(笑)。

時計は…私も仕組みが全然わかりません(^_^;)。
時計をクリックすると作った人のサイトに行くので、そこで訊いてみましょうか。

投稿: まりあ | 2004.02.29 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/242833

この記事へのトラックバック一覧です: 博多銘菓「中洲deいちご」:

« 久々の仕事の話 | トップページ | 処女航海 »