« 2004年3月10日 | トップページ | 2004年3月14日 »

ああ館林の夜は更けて…

自宅から3時間かけて熊谷経由館林に来ました。 駅前のなんと暗いこと…
ご当地名物花山うどんを食べてたら、途中でもう閉店。まだ7時だっちゅーの(^_^;)
明日は2時半起きなので、もう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マドリード爆弾テロ

スペインの首都マドリードで11日朝(日本時間同日午後)、3つの駅の近くで通勤列車を狙った爆弾テロがほぼ同時に起きた。内務省によると、少なくとも173人が死亡、600人以上が負傷し、スペインでは過去最大級のテロとなった。 犯行声明は出されていないが、スペイン政府は、北部バスク地方の独立を求める非合法組織「バスク祖国と自由」(ETA)による同時爆破テロと見て捜査している。一方、ETAの政治部門とされるバタスナ党はETAの関与を否定している。 地元テレビなどによると、最も被害が大きかった爆発は午前7時半過ぎ、マドリード市中心部のアトーチャ駅付近で同駅に向かっていた列車で起きた。プラド美術館にも近い同駅付近は逃げまどう人々などで一時パニック状態となった。(読売新聞)
まず被害に遭われた方々のご冥福をお祈りします。 マドリードのアトーチャ駅は、新幹線AVEの発着駅として日本人ツアーもよく利用している駅です。私も何度か利用したことがあります。 今のところ日本人の死傷者情報は無いとのことですが、観光客だけでなく生活している日本人も多いところ。情報が間違っていないことを祈ります。

私が初めてマドリードに行った時、翌朝未明に中心部の人気ショッピングセンター「エルコルテ・イングレス」で爆発テロがありました。前夜、アトーチャ駅に着いてエルコルテ~の近くで夕食を食べたんです。爆発の時刻が変わっていたら…? と思うと今でも怖くなります。
スペインは元々ETAのテロが頻発しているところでもあり、私たちも実際はこうした事件には最新の注意を払わなくてはなりません。今回ETAは関与を否定していますが、大らかな明るい国にも、こうした光と陰は常につきまといます。
イラク戦争の際に、アメリカ支持を強く表明した国としても知られているため、イスラム過激派テロの可能性もあると言われています。そうでないことを祈りたい…。

お正月スペインにご一緒したさとひろさんも、きっと心配なさっていることでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2004年3月10日 | トップページ | 2004年3月14日 »