« 2004年3月24日 | トップページ | 2004年3月30日 »

平山相太クンのスケジュール

徳永らを特別指定選手に=サッカー(時事通信)

日本サッカー協会は24日、高校・大学などに在籍しながらJリーグで一定期間プレーできる「特別指定選手」に石川・星稜高の本田圭佑、群馬・前橋育英高の細貝萌、U23(23歳以下)日本代表の早大・徳永悠平の3人を認定したと発表した。本田は名古屋、細貝は浦和、徳永はF東京が受け入れ先となる。

サッカー協会の発表によると、平山相太クンは申請もされていない、とのこと。
もっとも、平山相太ファンサイト(いつのまにかしっかりできてるのね)を見ると、U-23日本代表の直後にU-19日本代表の韓国戦に出場したのは記憶に新しいが、その後も高校選抜合宿~ヨーロッパ遠征、U-23日本代表ギリシャ遠征、そしてこの間に筑波大学入学…と、恐るべきスケジュールでアテネ五輪まで続く事が予想される。
大学だって新入生のこの時期は1番忙しい時期。疎かにしていると(1年間に15単位取れないと退学)、某女優のように殆ど大学に行かないまま休学~退学の途を辿ることになりかねない。
これに加えて特別指定選手でJリークに入るとなると、想像を絶する過酷さだ。

今回の協会発表に、実はほっとしている。
アテネ五輪までは五輪と学業を中心にして大事に育てていきたい、というのが協会の方針であることを祈りたい(一部マスコミで書かれそうな、点が取れないFWとかいうのではなく)。

筑波大学では、日本サッカー協会のコーチングスクールを開設し、ここからJリーグチームなどを指揮する監督を養成している、という実績がある。
即戦力として期待するよりも、長い目で見てあげて、ぜひとも大事に育てて頂きたいと切に願っている。


(追伸)今日これから29日まで不在になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年3月24日 | トップページ | 2004年3月30日 »