« 卒業記念 | トップページ | 平山&田中 »

悪いのは鶏じゃない…

昨日一昨日と『日本旅行医学会大会』なるものに出席してきました。
昨日は吉村作治先生のエジプト話など聴けて、お昼のお弁当も出て、これで2日間通しで3,000円はとても有意義でした。
(お弁当タイムに『頻尿とハルンケア』というセミナーをやったのには閉口したけど(笑))

さてこの中で、時節柄「特別緊急レポート」として『トリインフルエンザ』について報告されていたので、私が理解できた範囲でお知らせします。
(お医者様向けだから、何しろ専門用語が多くて…)

元々はアラスカ・シベリア辺りの湖に生息する、鴨をはじめとした水鳥が持っているウィルスが諸悪の根源らしい。
通常はそれでも殆どが弱毒株で、一般には軽い呼吸器症状や下痢を起こす位なんだそう。しかし強毒株のウィルスが感染すると100%近い致死率を持つ(トリの話ね)。この強毒株ウィルスは、1個あると12時間以内に1億個に分離するので、感染率はかなり高くなる。一夜のうちに鶏舎全ての鶏が死滅するのは、そういう訳です。

このウィルスが全て人間にも感染するものではありません。通常トリウィルスが人間に直接感染することはなく、ブタを介して変異したものが感染するとされてきました。
しかし最近、といっても正確には1997年に香港で、高病原性ウィルスがトリからヒトに直接感染し18名感染発症(6名死亡)したことから、危機感を募らせているということのようです。
(このときは、なぜそれほど騒がれなかったのでしょう??)

世間があまりに鶏にばかり注意しているけれども、実際は前述の鴨が最も危険なわけで、その他に輸入ペットの鳥なども充分アブナイ。鶏よりも気をつけないといけないトリは沢山あります。
あまりに強い感染力のために、小屋で飼われている鶏が一夜の内に死滅したというのがセンセーショナルにとらえられているだけで、『たなぼた』でピーさんがおっしゃているように、捨てトリなんてすると、ますますウィルスが飛び交う要因になってしまう。恐ろしい事です。

このウィルスは70度以上加熱すると死滅するので、例えば充分火を通した焼き鳥などは全く問題ないはず(笑)。
だから、鶏に対して過度に恐れる必要は全くなく、むしろ感染を恐れて鶏を捨てるなどという行為そのものが危険であり大罪になります。もし心配なら、鶏が元気なうちに煮て焼いて食べた方がマシ。
注意しなければいけないのは、埋却ではウィルスは死滅しません。万が一後で掘り返したら再感染の恐れ大です。必ず焼却しましょう。

あと、レポートではワクチン開発の話や有効な飲薬の話が出ていましたが、承認され正式に発表されるまでは、素人が気軽に書いてはいけないと思うので、ここでは伏せておきます。

いずれにしても1番の被害者、いや被害トリとなってしまった鶏たちの、ご冥福をお祈りいたします(人)。

|

« 卒業記念 | トップページ | 平山&田中 »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

うわ
吉村作治先生のエジプト話聞いたんだ。いいな。
吉村先生がまだ早稲田の学生だった時に初めてエジプト行ったときの写真が本に出ていたんだけど、それが赤のピラミッドを背景にしたものなのね。
ギザのとは違って、廻りに何もないしピラミッドの傾斜角が違うから、とてもそのシーンが印象に残ってた。
だから、何十年か後に実際に行けた時にはものすごく感激しました。(戦争で一時この辺りは入れなかったのね)
しょぼい、ワセダハウスも見たし……
後は先生の話を聞きたい。
でも、世界不思議発見の成績は悪いね。

投稿: ピー | 2004.03.03 14:17

吉村先生はピラミッドの話をするときは、とてもニコニコしてました。
旅行医学というテーマなのに
「私は現地で病院に行ったことがありません」
と、講演時間の殆どが発掘のお話。
貴重な遺物が見つかった時は、子供のように小躍りして喜びます、と。それが若さの秘訣だそうです。(これが主旨か?)

大学の講義の無い時だけを発掘に充てているため、今回は僅か4日間の帰国で、今日またエジプトに旅立たれました。

あー、これを記事に書くつもりだったのにぃ、ネタが1つ減ったじゃないかー(^_^;)

投稿: まりあ | 2004.03.03 23:32

ウチの近所のスーパーはいままで置いてなかった合鴨肉を置き始めたけれど、それってどうなんだ???

なんだかこれから暖かくなると沈静化するとも言われてますね。26度くらいになると空中感染はしなくなるとか。冬の風物詩になっていくのかな。ここで一句。

鳥食えず四季を感じる未来人

オソマツっ!

投稿: ポップンポール | 2004.03.04 00:15

記事をあげてからお邪魔したらここでも鳥インフルエンザネタ(^_^;)。後付でトラックバックさせてもらいました。野鳥がバタバタ死んでいたりはしないのかな?

投稿: waku | 2004.03.04 04:46

未来人ポップンさん、どうもです。
ウィルスは70度以上で1分以上加熱すれば死滅する(間違いない!)そうですので、煮て焼いて食えば大丈夫。

鳥肉を毎日食ってる古代人

(あー、貧困な文才…)

投稿: まりあ | 2004.03.04 10:33

wakuさん、こんにちは。
随分宵っ張り(早起き?)なんですねぇ。

思うに、鶏は小屋に押し込めて飼われているから、感染も素早いし、いっぺんに死滅するし。それで目立ってるんじゃないかと。
でも、ウィルスを運んでくる鳥は生きてるわけだから、やはり向き不向きもあるのでしょうね。
Macだってウィルスに感染しにくいし(笑)。

投稿: まりあ | 2004.03.04 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/257171

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いのは鶏じゃない…:

» シメが来た [わくわく日記]
 シジュウカラが来なくなったなぁと思っていたら、新客がやってきた。調べたところシメという鳥のようである。写真よりもずっとツヤツヤした肌をしている。大きさは雀よ... [続きを読む]

受信: 2004.03.04 04:41

» ■現場の記者は知っていてもデスクが必ず無視をする鳥インフルエンザ公式情報 [ごまめのつぶやき]
ここにある情報を一通り読めば、新聞やテレビなんか読んだり視たりしなくてもいいです。 トリインフルエンザ:感染症情報センター [続きを読む]

受信: 2004.03.04 12:38

» Opus 56:Moral Hazard [Take the え~train ]
 のっけから何だが、今日は寒い!  関西では「東大寺二月堂のお水取りが終わるまでは本格的な春は来ない」と言われているが、その言葉に違わぬ寒さだ。  そんな中、実... [続きを読む]

受信: 2004.03.05 00:03

« 卒業記念 | トップページ | 平山&田中 »