« エキストラ | トップページ | 今日はここ »

疲れたらひと休み

明日からいよいよ、私の新しい旅が始まる。
私が以前より携わりたくて、なかなか実現できなかった夢の1つだ。

お客様は、ご夫婦1組。奥様が車椅子を使用している。
「イタリアに行きたい」という夢をお持ちで、某旅行会社のパッケージツアーに申し込んだら、車椅子利用とわかった途端に何の音沙汰もなくなってしまったのだそうだ。
最近は大手旅行会社でも「障害者ツアー」に取組むところが増えてきたが、反面、障害者が普通のツアーに参加する事を拒む傾向がますます強くなっている。「バリアフリーツアー」と銘打っても、実際は全く「バリアフリー」ではない旅行会社が大半なのが現実である。

さて、以前も少し触れたことがあるが、昨秋大阪で「バリアフリーシンポジウム」に参加したときに、ある旅行会社の代表の方と知り合うチャンスを得た。いや正確には名刺交換をしただけだったのだが。
障害者の旅行を手がける会社として定評があり、私も以前より少なからず社名を耳にしていた。
正直言ってこの分野は、会社によって考え方が驚くほど異なる。会社のカラーがこれほどはっきり出るのも面白い。例えば某最大手(まんまやん!)のそれは、「医者も看護婦も、手話のできる添乗員も付けます。移動はリフトバス、食事は身体に優しい…云々の完全サポート体制」。2番手の場合は「最少催行20名」(笑)(注、あくまでも一例です)。

なんだか「自分は病人なのか?」と錯覚を覚えそうにならないか?
もちろんそういうサービスを希望する人もいるのだろう、また価格を少しでも抑えるためという主旨も理解できる。
でも私が思うのは、障害があることで世間から隔離されるという現実を少しでも打破して、一人の人間としてどんどん外に出て行けないか? ということなのだ。
あくまでも自分の意思で旅をする、そして「できないこと」のみをサポートするという、そういう面でとても共感を覚えていたのが、今回の会社である。

名刺交換以降はすっかりご無沙汰していたのだが、今年初め、あまりに仕事がなくて暇していた私は、思い余ってこの会社に押しかけてしまった。その頃は藁をもすがりたい心境だったのは確かだが、まさか本当に仕事のチャンスがこんなに早く頂けるとは思ってもみなかった。

3月初めにお客様にお会いして、イタリアの旅行についていろいろご相談させて頂き、日程を組み、手配。1ヶ月という期間が必ずしも妥当というわけではないが、通常、添乗員が与えられたツアーに関する情報を受け取れるのが、出発の前日~2日前だから、私自身、旅について、お客様について、何倍も深く理解を深める事ができた。そういう意味ではとても充実して取組めた1ヶ月かもしれない。
もちろん、現地のバリアフリー事情など、イタリアに60回行っても未だ経験した事の無い部分が山ほどあり、正直不安も多い。確かにハード面では日本よりも格段に劣るけれども、でもなんとなくイタリアなら、イタリア人ならなんとかしてくれるだろう、という期待感の方が多い。
イタリアに行ったことのある人ならきっと感じたであろう、最近の日本人が失ってしまった人情が色濃く残る国だから。

実は現地での予定は殆ど決まっていない。
とりあえず往復の航空券とホテルを手配して頂いたので、それに合わせて現地で旅を組み立てるわけ。
お客様の体調を見ながら、私のお勧めの場所をご案内して、時には冒険をして、疲れたらいつでもひと休みできるような、そんな旅を考えている。

「疲れたら、いつでもひと休み」 … 盛り沢山のパッケージツアーでは、決してできないことでしょ?

自分にとっても大きなチャレンジ、いよいよ明日出発だ。


*今回のイラク問題に関して、早速11日は「ローマ上空飛行禁止」などというニュースが流れている。
 よかった、明日はベニスに入ります(^_^)。

|

« エキストラ | トップページ | 今日はここ »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

まりあさん

いよいよ大仕事の実現ですね。
無事、終えられるよう祈っています。
頑張りすぎないで。

投稿: ピー | 2004.04.10 07:52

ピーさん、コメントありがとうございます。

土曜日だというのに、相変わらず早起きですね。
私は昨夜夜中に書いて、日時指定して寝てました(笑)。

今日は成田にお客様をお迎えして、一緒に前泊です。
ピーさん、私がいなくても寂しいって泣かないでね!

投稿: まりあ | 2004.04.10 08:46

まりあさん、お久しぶりです。さっそくイタリアですね。
気をつけて行ってきてくださいね。またご報告をお待ちしてま~す。

投稿: プーコ | 2004.04.10 08:47

60回目のイタリアが、記念すべき快適な旅になられることをお祈りしています。
お気をつけて、「行ってらっしゃいませ」

投稿: poohpapa | 2004.04.10 10:01

プーコさん、こんにちは。

最近ハワイでサメの被害が多いんですね。
プーコさんのところ見て、いつもヒェ~っと震えています。
くれぐれも気を付けて下さいネ。

先日ちょっとお話したことが、いよいよ始まりです。
頑張ってきます!

投稿: まりあ | 2004.04.10 10:34

poofpapaさん、どうもありがとうございます。

帰ってからの「お約束」、楽しみにしています(^_^)。

投稿: まりあ | 2004.04.10 10:35

まりあさんは今頃どの辺りなんだろか。
まだベニスなのかなあ。

まさか、いくら水の都といっても、水に脚を入れたりしてないだろな。
やばいよ。それでなくても水かさが増しているというのだから、浸水したらタイヘンだもの。

これまでのところ、別に何もニュースは伝えられていないから、まだ事件を起こしたりはしていないらしい。

深大寺辺りも平穏だというし。

うーん、静かだ。

投稿: ピー | 2004.04.14 14:28

静かにお過ごしのピーさん、コメントありがとうございます。
昨日ベニスからフィレンツェに来まして、ようやくネットカフェでアクセスしております。
イタリアのバリアフリー度は、日本よりかなり遅れてはいますが、それでも人々の暖かさは日本の数倍良くて、階段で車椅子を持ち上げていると、いつも通りがかりの人が助けてくれます。
でも、いつもイタリア人かその他の国の人ばかり。
日本人は見て(まず必ず見る)見ぬふりをして通り過ぎます。
誰一人日本人で手伝ってくれた人がいない。
なんだか同じ国の人間として情けないよね。

人質はどうなったのでしょうか?
こちらでは「4人のイタリア人」拘束の話ばかりで、全然伝えられてきません。

投稿: まりあ | 2004.04.15 00:35

ひゃっ、ビックリした。
まさかまりあさん、現地から書き込みがあるとは思わなかったぞい。

そうか、いまフィレンツェか。
日本人がみな見て見ぬふり、というのは耳が痛いですね。

イラクの日本人の人質はその後全く進展がないようです。
家族に対しては逆に批判的な意見が強くなってきたようで、昨夜も外国記者協会だかで会見した際に「なぜ18歳の子供を世界で一番危険な所に行かせた」なんて責められていました。
加えてさらに2人、日本人記者が拘束されたという未確認情報も今日は出ています。

それより、イタリア人のほうは「一人殺害された」なんていうニュースも伝えられていますよ。そちらでも大変でしょうね。

投稿: ピー | 2004.04.15 07:46

まりあさん

もうご承知かと思いますが、拘束された日本の3人は解放されました。
でも、また別の2人が行方不明ですが。

今日はどの辺りなんだろか。
前日がフィレンツェだったら、ピサの斜塔とか行ったんだろか。

ピサの斜塔を訪れた観光客は、斜塔を支えるポーズで記念写真を撮る人が多いと言うけれど、まりあさんのことだからきっと斜塔を押し倒すポーズで記念写真を撮っているんだろな。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.04.16 08:06

はい、私は当然「足蹴り」で支えます!
でも、今回はピサには行ってないので、斜塔もまた倒れかけてることでしょう。
今回はベンツに乗って素敵なイタリア人と一緒にドライブを楽しみました。
おーっと、仕事中なんだった。
今はお客様と一緒にローマのトレビの泉近くのネットカフェで遊んでいます。

日本の情報がぜんぜん入ってこないので、最初は気になっていたお客様も、だんだん忘れてきたみたい。
それにしても、日本人人質、一難去ってまた一難なんですね。
もっとも人質は日本人だけじゃないのですが。

今日はローマでユニセフなどが平和のためのデモ行進(半分お祭り)やってました。

投稿: まりあ | 2004.04.18 00:00

今はもうローマですか。

トレビの泉の脇の普通の民家には、だまし絵が描いてあって楽しいですね。
壁にドアが描かれていたりする。
そういう遊び心、なかなか日本にはないですものね。

あ その後の日本人2人の拘束者も解放されました。

投稿: ピー | 2004.04.18 05:24

イタリアでネットカフェからアクセスとは・・。すっかりピーさんとの交換日記になっているではありませんか(笑)。車椅子運びを気軽に手伝ってくれるのは素敵な女性(!)がちょっと困っているのを見過ごす訳にはいかないイタリア男子の心意気だったりはしないでしょうか?おばさんも手伝ってくれたりしますか?まぁ日本人は特に都会人はあまりに冷たく、同じ国の人間とは思えないくらいの無関心ぶりがあるとは思いますけどね。イタリア・・いまだ見ぬ国ですが、「ナポリを見て死ね」というあのナポリもコースの中でしょうか?明日のイタリア地方は雨模様、おでかけには傘を忘れずに。ではお客様と一緒によい旅を!

投稿: | 2004.04.19 13:09

今回はすばらしい経験をされているようですね。
どうか引き続き想い出いっぱいで充実した日々であることをお祈りしております。

追)私のココログにはレスをいただきありがとうございます。

投稿: 蒼空とそよ風との管理人 | 2004.04.19 22:10

ありゃら

まりあさん、もしかしてもう日本に帰って来てるの?
それで昨日、成田空港が騒がしかった訳か……

投稿: ピー | 2004.04.21 08:50

惑さん、蒼空とそよ風との管理人さん、コメントありがとうございます。
今回ナポリには行きませんでした。
きっとお客様の「また行くぞ」という意思表示だと思いたいです。
車椅子の奥様の頑張りと回復ぶりには、本当に驚きました。
最初こそ戸惑っておられましたが、最後のローマでは、コロッセオ~フォロロマーノを、時には自分の足でしっかりと歩いて制覇したのです。
7年前に「植物人間」を宣告された方とは、とても思えません。

いろいろハプニングもありましたが、私自身もとても勉強になり、充実した旅でした。

ピーさん、交換日記(笑)続けてくださってありがとうございました。
二人の関係を怪しむマスコミが成田空港到着ロビーに殺到して…
なんてことは全然ありませんでした(笑)。
ほぼ同じ時刻に2人の人質さん達が到着したのでした。

投稿: まりあ | 2004.04.22 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/419332

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れたらひと休み:

« エキストラ | トップページ | 今日はここ »