« 2004年5月28日 | トップページ | 2004年5月30日 »

佐藤琢磨予選2位

公式予選で2位、とは純粋に2番目に早い! という意味ですね。

【ロンドン支局】自動車のF1世界選手権第7戦欧州GPは29日、ドイツのニュルブルクリンク・サーキットで公式予選が行われ、佐藤琢磨(BARホンダ)が、1分28秒986で2位となり、日本人の予選最高位記録を更新した。
これまでの日本人予選最高位は佐藤自身(今季)と片山右京(1994年)の5位。ポールポジションはミヒャエル・シューマッハー(フェラーリ)で佐藤に0秒635差をつけた。
佐藤は予選走行順を決める予備予選では首位だったが、シューマッハーに逆転された。
[読売新聞社:2004年05月29日 22時17分]

本番では、接触、ピットインなどいろいろな要素がからむため、さまざまな面での優れた能力が要求される。シューマッハが強いのは、予選の早さもさることながら、こうした多方面に優る能力・スタッフとの協力関係が優れているからですが、琢磨クンも本番ではリタイヤすることの無いように、頑張ってほしいものです。
honda.jpg
日本人の決勝最高記録は、鈴木亜久里クンの3位ですが、どうして誰も称えないの?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2004年5月28日 | トップページ | 2004年5月30日 »