« やはり歳はごまかせない | トップページ | プロポリス »

ドラキュラの城

040607_191201.jpg
というと、ほんとはルーマニアのトランシルバニア地方なんですが、ここはハンガリーのブダペスト。
英雄広場脇の市民公園内に、約100年前にここで開かれた万国博覧会のパビリオンの1つとして、ドラキュラの城が建てられて、そのまま今日まで残されているそうです。
な~んだ偽者か…と思っても、100年も経つと古ぼけてそれらしく見えてきます(笑)。
当時トランシルバニア地方は、まだハンガリーの一部だったんですね。

元々中央アジアの騎馬民族が開拓したこの国、神聖ローマ帝国に敗北して以来キリスト教国に改宗、西欧化の道を歩む事になりました。
その後オスマントルコ軍の占領、ハプスブルグ家の支配、そして分割・独立を繰り返した後、第2次世界大戦後はソ連主導の社会主義体制国としての道を歩むなど、数奇な運命を辿ってきた国でもあります。
言葉の成立ちからしても、アジアとの繋がりを依然強く保つヨーロッパの国です。

ちなみに、この反対側にはセイチェニ温泉があり、朝6時から利用客があるとか。
ブダペストには約200、そしてハンガリー全体では約2000箇所もの温泉があります。
施設ごとに、「水着必要」「水着不要」「男女混浴」「曜日別男女別浴」など異なりますので、事前によく確かめて訪ねた方が良いですね。曜日別のところは、注意しないと「ゲイの曜日」もあるらしい(これは明示されてない)。
私はブダペスト数回訪ねましたが、まだ1度も温泉に入った事が無い(;_;)。

昨夜は疲れと風邪で、画像をアップしただけで寝てしまいました(^_^;)。
でも既にコメントを2つもいただくとは…
文は関係ないってことか?…(^_^;)。

|

« やはり歳はごまかせない | トップページ | プロポリス »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

ドラキュラの城というと伝説のあるルーマニアのブラン城ということになるようなのだけど、確信はない。ただマリアさんはヨーロッパの旅それも中欧・東欧・ロマンチック街道 あたりに出ているんだろうな、ということだけは判る。お疲れさまぁ。梅雨っていうのは日本だけ?。

投稿: waku | 2004.06.09 04:40

あ、今、日本で一番仕事しているヒトが帰ってきた・・・(^^♪

お帰りなさい、お疲れさまでした!
次のツアーまでゆっくり英気を養ってくださいね。

まりあさんがドラキュラの城に滞在してる頃、日本では「血生臭くて悲しい事件」が起きていました。いえ、もちろん何の因果関係もないことですよ。

最近、明るい話題が少ないですね・・・。

では、失礼します。

投稿: poohpapa | 2004.06.09 06:04

wakuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

今回はプラハから入り、チェコの温泉保養地カルロヴィ・ヴァリ、チェスキーブディヨヴィツェ(難しいでしょ!? ビールのバドワイザーの故郷です。)、チェスキークルムロフ、そしてオーストリアのウィーン、ハンガリーはドナウベンド地方、ブダペストと廻ってきました。

梅雨はないのですが、今年は雨が多いらしくて、ツアーの半分、雨が降ったり止んだりでした。

投稿: まりあ | 2004.06.09 13:40

poohpapaさん、ただいまぁ!
留守の間に、すっかり有名人になられたようで…(^_-)-☆

ウィーンの街角で日本の新聞を見る機会があったのですが、最近の小学生の意識や行動、とても信じられないですね。
それもこれも親の世代=私達と同世代の責任であることを強く自覚したいものです。

投稿: まりあ | 2004.06.09 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/735392

この記事へのトラックバック一覧です: ドラキュラの城:

« やはり歳はごまかせない | トップページ | プロポリス »