« おばちゃん、マウイで踊る(3) | トップページ | アリタリアのやり方 »

ここはどこ?

041003_203401.jpg多分まだどのガイドブックにも登場していない橋です。

健太さん、あの時までは確かにカナダだったのですが、ハワイから帰国した途端に行先が変更になってしまったのです(ToT)。

で、おまけに帰りに酷い目に遭いました。帰国が1日遅れてしまったのです。正直こういう事は3年に1度の割で経験してますが、何もようやくもらった休暇だ!という時に当たらなくても…とほほ

-------------------------- <追記> ------------------------------------------

2日間(ほんとは4日のはずだった)休暇をもらっていたので、答えが遅くなってしまいましたが、さすが惑さん!
見事なブログをリンクして下さいました(^_-)-☆
そうです! 
ギリシャのコリントス湾を挟んでペロポネソス半島のリオ~テッサリアの大地アンテリオを結ぶ、世界最大のつり橋です。
ここは従来よりフェリーが運航、所要約25分で結んでいましたが、今年の8月頃より橋が開通してからぐっと便利になりました。
このつり橋はフランスの企業が手がけたので、デザイン的にとても優雅で美しく、青い空と海をうまく繋いでいます。
ただ通行料金が高いので、開通後2ヶ月経った今では、日曜日でもなんだか閑散としています。私達もフェリーで移動しました(笑)。もっともフェリーの方が、橋の全体像が眺められてダイナミックな景色を楽しめます。

アンテリオに隣接する街ナフパクトスは、別名「レパント」と呼ばれています。
1571年、オスマントルコとスペイン・ヴェネチアの連合艦隊が地中海の制海権を賭けて争った場所です。
高台にはあちこちに要塞跡があり、兵どもの夢の跡を偲ぶ事ができます。

|

« おばちゃん、マウイで踊る(3) | トップページ | アリタリアのやり方 »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。オリンピックが終わったギリシアはいかがでしたか?近代的な町に大変身という印象だったのでしょうか?
あの橋は世界一のつり橋 Rio-Antirio bridge ですね。カタカナだと リオ-アントリオ橋 でいいですか?。日本で最初に紹介したblogになる?なかなか良いLINKではないかと自画自賛(笑)

何年ぶりかの直撃台風の中、日本についてからが一番大変な帰途だったのでしょうか?

投稿: | 2004.10.10 11:27

お疲れ様でした!

 大変な目にあったね。一昨日ハワイでも皆フライトキャンセルで、しっちゃかめっちゃかでした。
えっツ、でも?てことはまたいまどっかに行っちゃたの?

投稿: 健太 | 2004.10.11 09:35

惑さん、コメントありがとうございます。
いやぁ、凄いブログを教えていただき、ありがとうございます。さすがですねぇ。
早速追記にパクらせて頂きました。

ギリシャは綺麗になってました。
オリンピック~パラリンピックの成功の余韻に浸っているようでしたが、今後何十年で返済できるか?負債がもの凄いそうです。

投稿: まりあ | 2004.10.11 20:23

健太さん、コメントありがとうございます。
1日遅れの件は別記事に書きましたが、一番大事なことは、まず冷静になること、ですね。

1日遅れてラッキー♪
なんて思え、とまではとても言えませんが、気持ちの持ちようでいくらでも楽しみは見つかるものです。
ハワイならほんとに「ラッキー♪」と思えるんでしょうけどね。

投稿: まりあ | 2004.10.11 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/1638666

この記事へのトラックバック一覧です: ここはどこ?:

« おばちゃん、マウイで踊る(3) | トップページ | アリタリアのやり方 »