« 秋の深大寺 | トップページ | 冷たい雨 »

ローマの休日

日本テレビ系列で「ローマの休日」やっています。
この映画、何度も見ていますが、何度見ても飽きませんね。

iso2022jpbgyrcjsohpcvjjwohpbsoqi5qcgcこれを見るときはいつも、背景をチェックするんですけど、現在のローマの街と全然変わらないんです。
晩餐会やアン王女が滞在していた宮殿は、現在でもローマ三越の近くにあるし、コロッセオやナヴォーナ広場、真実の口、スペイン広場、そしてトレヴィの泉もちゃんと残っているし(王女が髪を切った床屋さんは、現在カバン屋さんになっています)。
違うのは人々の服装と携帯電話が無い事くらいでしょうか?
今でもみんなスクーターに2人乗りしてるしね♪
今から50年前、モノクロ時代の映画なのに、ローマの街が全然変わっていない、といのは本当に驚かされます。日本では考えられません。

ローマに行くときは、必ずこの映画を見ておくとたのしさ倍増です。
「なりきりオードリー&グレゴリー」になれること間違いありません。
(勝手に思うのは自由ですからね)

|

« 秋の深大寺 | トップページ | 冷たい雨 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

早速、
というかあらためて参りました。

コメントより先にいきなりTBして失礼しました。コメントはエラーがわからず出来ませんでした。でも、アップより早いTBってのも不思議なもんですね。そんなことがありえるなんて。すべてがほとんと同時進行だったのかも知れません。

投稿: 映太郎 | 2004.10.29 23:54

まりあさん、おはようございます

当時と現在がほとんど変わっていない、というのも凄いことですが、終戦後10年も経っていない敗戦国の戦場だったローマが舞台になってあれだけの名作が撮られた、という事実が驚きです。「東京の休日」なんて有り得ませんもんね(爆)

「ローマの休日」は私が一番好きな映画で、どんな名作が誕生しても、もう「ローマの休日」を超える映画は出ないと思っています。

そのローマに、お仕事とはいえ60回以上も旅しているまりあさんは、やはり羨ましい(*^^)v

投稿: poohpapa | 2004.10.30 07:51

映太郎さん、コメントありがとうございます。

これにはちょっとカラクリがあって(笑)
携帯の画像を先ずアップして、それに文章をパソで加えたんです。なので文章を書く間にきっと映太郎さんが見つけてTBして下さったのですね。公開時刻を変更したので、TBの方が先になってしまいました。

しかし画像だけでTBして下さったなんて、映太郎さんも「ローマの休日」がとてもお好きなんですね!

投稿: まりあ | 2004.10.30 12:05

poohpapaさん、ご自身のコメントでさえお忙しいのに、こちらまでコメントありがとうございます。

今年は「ローマの休日」誕生50周年、オードリー・ヘプバーン生誕75周年だそうで、それを知るほど尚更この映画の普遍性に驚かされますね。
オードリーの瞳力には、何度見ても魅了されます。

映画の各シーンロケ場所、かなりわかるようになってきました。そりゃもう毎回密かにオードリーになりきってますもん!

も一度、ローマ、今度ご一緒しますか?(笑)

投稿: まりあ | 2004.10.30 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/1805673

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの休日:

» ローマの休日 津嘉山正種版 [◆映太郎の映像批評◆]
何度見ても、楽しめる映画。 「ローマの休日」は本当にいい作品だ ストーリーがわかっていても、オチを知っていても、台詞を完璧に覚えてしまっていても、それでもま... [続きを読む]

受信: 2004.10.29 22:01

« 秋の深大寺 | トップページ | 冷たい雨 »