« 2004年11月22日 | トップページ | 2004年11月26日 »

お土産

041124_17450001.jpgお決まりですが「ご当地キティ」。
小倉祇園太鼓です。400年の歴史があり、小倉祇園を舞台にした映画「無法松の一生」では、カンヌ映画祭でグランプリを獲得して一躍世界的に有名になった小倉名物です。
法被姿でバチ握るキティが可愛いこと!

北九州シリーズはこの他に「門司港のバナナ叩き売りキティ」があります。
なんでも「バナナ叩き売り発祥の地」が北九州市の門司港なんですって。知らなかった。小さい頃よく見たので普通どこでもやってるのかと思ってました。よそではあまりやらないの?

あと季節限定「中洲deいちご」もしっかり買いましたo(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんか早くない~~?

帰省した(飲みに行っただけという話も)北九州では、小倉の街中が既にクリスマスイルミネーションに包まれていました。
xmas4.jpgおいおい、まだ直方の山の中ではススキの穂が風にそよいでいたんだよ~~。
初雪も降った札幌のイルミネーションはまだわかるとして、小倉でもうクリスマスは早くない?

クリスマスの準備といえば、海外ではイギリスが早いかな?
10月の初めには、既にハロッズデパートでクリスマスグッズの販売が始まり、各々の家庭ではドライフルーツを洋酒に漬け込んで、クリスマスプディング作りが始まるとは言われてます。
でも、カトリックの総本山イタリアは通常とても呑気で、12月に入ってからクリスマスの外灯が灯されていたのに、今年はミラノのリナシェンテデパートでもクリスマスのデコレーションになっていたし、街中もイルミネーションが取り付けられていてびっくり。

プーコさん健太さんのお話では、ハワイでも既にアロハ姿のサンタさんが登場してるんですって??

TVやいろんなブログを見ていても、「クリスマスプレゼントの予算は?」なんてアンケートがあったり、クリスマスコーナーができていたり。雑貨屋さんでもクリスマスグッズばかりですね。

なんだか今年はみんなクリスマスの準備が早くない?
先週ボジョレー・ヌーボーでワイワイ言ってたばっかりじゃない!?
イルミネーションをそんなに早く点けて、節電とか気にしなくてもいいの??
なんて、ついつい気にしてしまう…。

でも、なぜかクリスマスのイルミネーションを見てるだけで、なんだかワクワクしてきて気持ちが暖かくなるから不思議。
新潟の地震や様々な事件で傷ついた人々の心を、少しでも和ませることができるなら、クリスマスが早いのもいいかもしれませんね。

「紅葉も、もう終わりじゃない?」と指摘され、ここもクリスマスに模様替えです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年11月22日 | トップページ | 2004年11月26日 »