« 2004年12月24日 | トップページ | 2004年12月26日 »

きよしこの夜

「きよしこの夜」が初めて演奏された教会です。
iso2022jpbgyrcjsohpcvqjxmlssvrjvubkeiuanbnオーストリア・ザルツブルグ郊外にあるオーバンドルフという村にある礼拝堂。本当に小さな小さな教会です。
ザルツブルグの中心を流れるザルツアッハ川の延長、対岸はドイツという、オーストリアでも端に位置するオーバンドルフ。
作曲したグルーバーは、隣村の学校教師で、オーバンドルフの教会のオルガン奏者でした。
当時の副司祭が彼に「きよしこの夜」のテキストを渡して、この詞に合う曲を創るよう依頼したのが、1818年の12月24日、そうクリスマス・イブでした。グルーバーはこれを元に、わずか1日足らずで作曲し、翌25日の深夜、この教会で初演を果たしたのです。

面白いことに、初演はオルガン曲ではなく「ギター伴奏による2人のソリストと合唱のための曲」でした。

続きを読む "きよしこの夜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月24日 | トップページ | 2004年12月26日 »