« ご当地キティ(福島) | トップページ | 原田雅彦選手久々の優勝=全日本ジャンプ(時事通信) »

Live at Morgana

昨夜国分寺のライブハウスで、FROCKSでは超有名なOさんのライブがあり、初めて聴きに行きました。
hi330121.jpg
(画像が暗くてスミマセン)

聞きしに優るOさんのギターテクはもとより、4人の呼吸が1つに感じられるほどの一体感、そしてシンプルかつ奥が限りなく深そうな独特の世界を醸し出して、かなり惹きこまれました。

例えて言うなら「水」のイメージかな?
ギターのさらさら流れる表面の音、よどみない中間の流れを奏でるベース、そして時折はまるぬかるみのようなタブラー。カワセミの鳴き声のようなパーカッション…4曲中3曲が、薄日の当たる午後のせせらぎのような雰囲気で流れていきました。

タブラー… インドのパーカッションで、大きく分けて2つの太鼓を、「叩く」以外に「こする」「弾く」「つねる」などいろんな奏法で音を出します。面白いのは、パーカッションなのに調音ができること。音程を合わせて弦楽器に重みと深みを与えます。
マスターするには最低でも10年かかると言われるこのタブラーを、女の子がいとも簡単に演奏していたのにもびっくり。でも、これは入り込んだらかなりはまりそうな楽器です。

もう一つびっくりしたこと。
4曲目は複雑な音の絡み合いで、一言で言えば「頭がおかしくなるような」強烈な響きを持っていたのに、1歳位の男の子が、お母さんの胸ですやすやと眠ってしまったこと。
この音楽で眠るとは…将来末恐ろしい、いや大器の片鱗を今から見せ付けられたような思いでした。

Oさんの豊富な音楽知識や豊富な楽器収集は、FROCKSではかなり評判ですが、緻密な演奏、独特な世界を見せられて、40分という時間、神経がピ~~~ンと張り詰めてしまいました。
久しぶりだなぁ、こういう感覚(笑)。

|

« ご当地キティ(福島) | トップページ | 原田雅彦選手久々の優勝=全日本ジャンプ(時事通信) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/2734924

この記事へのトラックバック一覧です: Live at Morgana:

« ご当地キティ(福島) | トップページ | 原田雅彦選手久々の優勝=全日本ジャンプ(時事通信) »