« 2005年3月30日 | トップページ | 2005年4月1日 »

花フェスタ2005ぎふ

hi330205.jpg愛地球博の陰に隠れてしまった穴場観光地(笑)
岐阜県はもともとバラの生産・研究開発には特に力を入れているところで、会場はバラをメインに設計されています。
園内には、「蒼いバラ(最新版)」や「雅子様、愛子様のバラ」などを展示しているそうですが、バラの最盛期はやはり5月に入ってからでしょう。屋外ではまだ咲いてません(涙)。
温室のバラと春咲きの花々だけが青空に映えていました。

画像のはなりん達は公式マスコットです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

淡墨桜

hi330203.jpg樹齢1550余年を誇る岐阜県根尾谷の淡墨桜
蕾の時は薄いピンク、満開時には白色、そして散り際には特異の淡い墨色を帯びてくるのが特徴とされる。

聖徳太子のはるか昔、26代継体天皇が即位され、この地を離れる際にお手植えになったのがこの桜。
別れ際に遺した詠歌には

  身の代と遺す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛へ止むる

とあり、この地を愛した天皇が終の棲家となりえず当地を離れることとなった、その気持ちを「薄住(うすずみ)」に託したのが、この名の由来のようだ。
日本の歴史をそのまま静かに見続けてきたこの桜。相当な老木ながら、樹高16m、幹囲目通り10m、そして枝張りに至っては東西に27m、南北に20mにもわたる荘厳さを誇る。

残念ながら開花予想日は4月5日以降、見ごろはさらに2週間後ということで、まだ咲く気配も見せていません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月30日 | トップページ | 2005年4月1日 »