« 川口君撮り損なった… | トップページ | 高木君 »

緊急停止

前述のコンフェデ杯代表選手達との遭遇で始まった今回の旅は、初日からハプニング続出だった。

仕事を忘れて(名札もはずして(^_^;))選手を送り出した後、興奮気味にゲートに向かった私を待ち受けていたのは、ロンドン行きの遅延。「到着遅れの為」とのことだったが、初めは「出発時間は未定」と言われ、一瞬ひやりとした。ロンドンからエジンバラまで乗り継がなくてはいけないのだ。
幸い、出発は1時間程度の遅れ、そしてロンドン到着は定刻!と頑張ってもらえたので事なきを得たが。

余談だが、前回イギリス周遊でロンドンからマンチェスターに乗り継いだ時、到着ロビーでマンチェスターユナイテッドの選手達と遭遇したことを思い出した。
この時は預けた荷物が1つ出てこなくて、ずっと待っていた時だったし、ベッカムはもう移籍した後だったので、選手達のことは気に留める暇さえなかった。

さてエジンバラ市内観光当日は「エジンバラ・マラソン」。イベントがあるのは嬉しいが、仕事的にはあちこちで通行止めがあり、予定のルートをバスで通れない、歩く事もできない、という不便さがある。しかもここでは、その予告が一切ない。予定のポイントはしっかり押えなければ返金しなくてはいけない、という現在の旅行業法下では、無理でもなんでもこなさなければならない。お客様にとってそれが良い事かどうかは別問題。
また幸い、予定のルートが塞がれることなく、エジンバラの観光は無事終了。しかし街を走りながら、一抹の不安が胸をよぎった。
「バスの運転手、道を知らない…」
エジンバラ郊外に住んでいるというこの運転手、エジンバラの街中さえ走るルートが変。この先ロンドンまで4日間お付き合いしなければならないんだけど…
悪い予感は的中、この先何度もUターンを繰り返す始末だった。

4日目の朝、高速道路大渋滞で3時間の遅延。8日間という短いツアーでは、予定が毎日びっしり詰まっているから、スケジュールを先延ばしにすることもできなければ、この日は閉館時刻も関係しているから、何としてでも突っ走らなければならない。
ウェッジウッド工房の見学+昼食~クリームティタイム~アン・ハザウェイの家~シェークスピアの生家…
ウェッジウッドの予約が10時20分だったのに対し、到着したのが13時。見学時間を詰め、順番を変え、なんとか閉館5分前にシェークスピアの家に入り、ほっとしたのも束の間、最後にまわしたクリームティの家へ行く道を、運転手が間違える(泣)。

やっと到着したホテルでほっと一息、ゆっくり休めるぞ…
と夢の世界に入った頃、突然の非常ベル。時計を見ると午前3時50分。
誤報ですぐに止まると思われたベルがなかなか鳴り止まない。
ついにホテルの外に避難することになった。
化粧気のない女性客、裸足で寒そうにしている宿泊客、バスローブ姿で手をつないで呆然としているカップル…消防隊の動きを固唾を呑んで見守っている。しかし、ホテルには火災の様子は見られない。消防隊の動きも心なしか静かだ。おそらく消防活動よりもむしろ、安全点検の最中なのだろう。
結局原因は空調設備の不良で、電気コードがショートして白煙があがった為とわかり、約1時間後に部屋に戻ることができた。
こちらでは朝5時には夜が明ける。白鳥が浮かぶ運河に、丁度太陽が昇り始め、お客様は何故か持ってきていたカメラで、美しいシルエットをしっかり写真に収めていらした(笑)。
不思議な事に、その直後から雨が降り始めた。

その後も様々なハプニングに遭遇しながら、なんとかロンドンに到着。そしてフリータイムを過ごして(スリに遭った方もあり)、いよいよロンドンから帰国の途についたのだが…

今回はロンドンから直行便。しかもJAL。いや最近いろいろあったって、外国系エアラインに比べたら、まだ安心できる。しかも今回はJALクルーと同じホテルで、出発前に「宜しくお願いしますm(__)m」と挨拶も済ませておいた(笑)。

きわめて順調にチェックインも済ませ、搭乗開始も予定よりむしろ早いくらい。
もう殆ど「おやすみなさいモード」に入っていた私(帰りは離陸したのも知らないことが多い)だった。
成田行のJAL402便、離陸体制に入ってスピードが増し、背中を押されるような感触を味わいながら夢の世界に入り始めた矢先、突然前のめりになり頭だけが押し出される予期せぬ感覚で目が覚めた。
そう、殆ど離陸するという間際で急ブレーキがかかり、飛行機は滑走路で停まってしまったのである。

「離陸途中で速度計器の故障が発見された為、緊急停止しました。当機はこれから駐機スポットへ移動します。」

このまま約2時間機内待機となってしまった。
実はこのような経験はよくある。
以前もJALでローマから直行で帰るとき、搭乗後にトイレが故障していることが発見され、一旦待合室に出て待機したことがある。この時には元ウィンクの相田翔子ちゃんが同じ飛行機に乗っていたっけ。
また中華航空でローマから帰った時、離陸して1時間後に「調子が悪い」と再び着陸して降機。そのまま空港近くのホテルでまる3日間!缶詰になったこともある。

最近トラブル報道の多い日本の航空会社だが、実は小さいトラブルは日常茶飯事といっていいかもしれない。こうしたトラブルを飛行前に発見し、回避する事で大事故を未然に防いでいるのだと思えば、私は納得できるし我慢できる。中には頭に血が上ってカッとなる乗客も見られるが、私は自分のお客様には、まず状況を説明し、「見過ごして、後で大惨事になるよりもずっと良い」と了解してもらえるよう努める。
幸い今回のお客様は、これまで様々のハプニングに遭遇してきたせいか(笑)、きわめて冷静にお待ち頂けた。飛行機も2時間遅れで出発することができた。

成田へは夕方の5時半に到着。殆どのお客様は問題なく自宅へ向かうことができたが、お一人、大阪へ帰る方がいた。
予め予約していた便は、成田5時55分発。これは間に合わなくなってしまった。
関空行きなども考えたが、自宅までかなり時間がかかるということで、飛行機は断念。新大阪まで新幹線で帰る事になった。
国内線の航空券を払い戻してもらい、急いで成田エクスプレス~新幹線の予約して、お客様とお別れした。

最後の最後までハプニング続きの旅だったが、後になればなるほど、こんな旅の方が思い出に残るものである。(と、私が言ってはいけないけど(笑))。

|

« 川口君撮り損なった… | トップページ | 高木君 »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。まぁトラブルとは呼べない日常茶飯事的な小トラブルなのかもしれないけれど、大変だなぁなどと素人は思ってしまいます。日本では当たり前のほぼ時間通りに交通機関が動くというのは世界的にみてとても珍しい国だということさえも知らないお客さんがたくさんだと大変でしょうね。そうそう白鳥は自分も今日見てきました。もちろんイギリスの運河ではないですが(笑)。

投稿: | 2005.06.19 15:30

いやあ、お疲れ様でした。

ツアー客の中に私がいれば、「トラブルも旅のエスプリ。めったに経験できないことが体験できて良かったと思いましょうよ」、と積極的にお仲間さんにお話しするのですが・・・。

もちろん、裏では「こんなのはみんな添乗員が悪いんだよ」と言いますけど(爆)

投稿: poohpapa | 2005.06.19 15:36

なんだかんだといいながらも無事に予定をこなして最後の1人までちゃんと帰途につけたのですからすばらしいじゃないですか、さすがです(^^)

渡航経験は10回に満たないもののいまのところ「か、帰れるのか??」とかギョエー(@_@;; というトラブルに見舞われたことがないのが不思議です。
きっと次とかその次ぐらいに巻き込まれるんでしょうか。。
と、来週末辺りに台湾出張があるのでビクビク中です(笑)

投稿: くっきも | 2005.06.19 16:09

惑さん、ただいま!
コメントありがとうございます。

トラブルが起こった時、何が1番大変って、お客様をどうなだめようか??ってのに1番神経遣いますねぇ。
会社もまず訊くのが「お客様の様子はどう?」ですから…。
poohpapaさんみたいな方もいますからね~(笑)。

ウトナイ湖、私1度だけ訪ねた事がありますよ。
弟が苫小牧に住んでいたことがあって、よく話を聞いていました。まれに見る自然の宝庫だそうな。
白鳥もいるのですね(^_^)。
1羽水面に浮かんでいるだけで、充分絵になります。
(地面を歩いている白鳥はイマイチ(笑))

投稿: まりあ | 2005.06.19 17:27

poohpapaさん、ただいま。
うーん、poohpapaさんがご一緒でなくて良かった!!(^_^;)

4月1日からの旅行業法改正で、添乗員がお客様にレッドカード出す事ができるようになったんですよ~♪
っと、脅かしておいて(笑)

ロンドンからのpoohさんツアー、お一人からでも参加できるようになりました。
しかしお客様がpoohpapaさんただ一人だったら、笑えるなぁ~。

投稿: まりあ | 2005.06.19 17:31

くっきもさん、こんちゃ!

渡航経験云々おっしゃっていますが、チップのお話など、しっかりした知識をお持ちじゃないですか!
自称海外旅行ベテランのおじちゃん・おばちゃんほど、チップの説明するの、疲れるんですよ、実は。間違った解釈される人が多くて…

確か台湾へも複数回お出かけで、台湾だったら無問題でしょう(^_^)。
どうかお気をつけて。
ちなみに、記事の中で紹介した中華航空は、台湾の航空会社ですので(笑)。

投稿: まりあ | 2005.06.19 17:39

相田翔子ちゃんかあ……

いいな。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2005.06.19 18:27

可愛かったよ~ん♪

で、飛行機が遅れても、大人しく体育座りしてじっと待ってました(笑)。

投稿: まりあ | 2005.06.19 18:55

お帰りなさいませ。
聞きしにまさる激務ですね。
その時々の対応、機転がものをいうのですね。
と、簡単に言っているけど、なかなかできそうにもない。。。
また、すぐにフライトでしょうか。
ご自愛下さい。コレバカッカリ。(^^

投稿: 信天翁 | 2005.06.19 21:22

えへへへ。
Music Baton回しちゃった。
旅のお供(音も)はなんでしょう(^^)/

投稿: くっきも | 2005.06.19 23:27

信天翁さん、ただいま!

トラブルの種類にもよりますが、もちろん自分ではどうしようもない、ただ待つしかない、耐えるしかない、ということは山ほどあります。

ただそんなときに、いかにお客様が心配しないようにするか? それに一番神経を注ぎます。
これだけです(笑)。

次回は今週末からですが、さっき行先が変わるかも…という連絡を受けました。
今回も突然変わったしなぁ…
心の準備が追いつかない(^_^;)

投稿: まりあ | 2005.06.20 13:38

くっきもさん、うぅぅ
突如課された宿題に、頭抱えております(笑)。
ポップンさんからも来た…

旅のお供、今回はケルトサウンドとビートルズを持って行ったのですが、バスのデッキが故障して使えなかった…(-_-#)

投稿: まりあ | 2005.06.20 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/4618431

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急停止:

» Music Baton [ぶつぶつぶろぐ]
◆マヨさんからバトンが回ってきたので、参加させていただきす(^^)/ ミッション [続きを読む]

受信: 2005.06.19 23:25

« 川口君撮り損なった… | トップページ | 高木君 »