« 井原クン | トップページ | フジのF-1 »

窪田さん

昨夜見たライブ。
実は10年以上ぶりでした。
050722_17230001.jpg窪田宏さん。多分知らない人の方が多い、いや知らない人が大部分だと思います。

初めて見たのが、確か25年位前(笑)。
たまたま通りがかった渋谷の某所で、「太陽にほえろ」をエレクトーン(ヤマハの登録商標です)で弾いていたのを聴いたのが最初でした。
幼い頃にエレクトーンを習っていたことはありましたが、まさかあんなにリアルにエレクトーンだけで表現できるものとは思ってもみなかったのです。

私はエレクトーンを習っていた当時、交通事故で両足を骨折し、それ以来弾きたくても弾けない状態がずっと続いていたので、心のどこかに「もう一度やりたい」という想いが残っていたのですね。

その火を再び点けてくれたのが、窪田さんでした。

再びエレクトーンを習い始め、自分で買って、そしてモデルチェンジと共に1年で買い換えて…(車が1台買える値段でした。)。
そして再び窪田さんのコンサートに行くことになったのでした。
コンサートの最後にCDや楽譜の販売があり、それを買うとサインして握手してくれるので、私もやってもらって、ついでにファンクラブにも入って(笑)。

それから間もなくでした。
「窪田さんと対談しませんか」
そんな企画に選ばれて参加することになって、ドキドキしながら「はじめまして」というと、
「何言ってるの?この前会ったじゃない」
いや確かにそうだけど、そんなことまさか覚えているなんて思いもよらず。
それがきっかけで対談も盛り上がり、それから窪田さんのコンサートには足しげく通うようになったのです(=おっかけ(笑))。
窪田さんは、ファンのことをよく覚えていてくれて、行くと必ず声をかけてくれました。だからよけいに楽しくて、かなり夢中になってました。

「窪田さんの曲を弾けるようになりたい」

そんな目標ができると、自然と練習にも熱が入ります。
グレード試験目指して頑張るようにもなりました。
しかし結婚して静岡に移ってから、コンサートにはできるだけ出かけていたのですが、やはり頻度は落ちていき、現在の仕事をするようになってからは余計に時間が取れなくなって、窪田さんのことも次第に遠くなってしまいました。

エレクトーンって、実は狭い世界です。
入り込むと、自分でいろんな楽器を弾けるようになった気がして、それはそれは楽しい世界なのですが、多分外からみるとただの鍵盤楽器、ピアノ弾きからすれば邪道、となってしまうのですね。
練習が続けられなくなってエレクトーンと疎遠になるにつれ、今までのことが全て思い出の中に封印されてしまいました。自分で鍵盤を弾くこともなくなり、古くなったエレクトーンだけが部屋の隅に取り残されています。

そんな記憶を蘇らせたのは何故だろう?
たまたま覗いてみたHPで窪田さんのライブ情報を見つけたからかな?
そして仕事も丁度空いたのがわかって予約したのが一昨日。
タイミングってあるものですね。

久々の窪田さんは、20年の時の流れを経ても変わりない姿で、さらに洗練された世界を披露してくれました。
エレクトーンという楽器は、他のいろいろな楽器の音色を、弾き方次第で素晴らしく表現することができる。それを追求する人間にとっては楽しくてたまらないのだけど、反面エレクトーンというオリジナリティにはならなくて、それがネックでもあり、個性を確立することのできない不遇な楽器でもあります。
でも彼なりのオリジナリティを、ドラム・サックスとのコラボレートの中でしっかり表現しえた昨夜のライブ、女の私よりもはるかにしなやかな指と細い腕で(笑)、魅せてくれました。

久しぶりにCDを買ってサインをもらって足跡を残して…
彼独特の郷愁さそうメロディに、20年前のことを思い出しながら。
「太陽にほえろ」も心の中でずっと響いていた一時でした。

|

« 井原クン | トップページ | フジのF-1 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ええ話やなぁ。ぶち、ええなぁ(笑)。

エレクトーンは山口におったときにやりよったんかね?

ボクの友人にもヤマハでエレクトーンの講師が出来るくらいの人がおるんじゃけど、エレクトーンは狭い世界じゃってゆうちょっちゃったいね。

かなりの技術が必要なんてぇね。全身で鍵盤を弾くわけじゃけぇ。そりゃぁぶち練習せんにゃぁいけんいーねぇ。

電子楽器のイメージって、昔は楽器ちゅうより機械っちゅう感じぃね。ほいでから、エレクトーンの演奏はぶち難しいじゃろう。じゃけぇ、なかなか層が広がらんかったんじゃないかねぇ。

出現が早すぎた楽器かもしれんね。そのうちテルミンみたいに一人のタレントが出てきちゃったら、ブームが来るかもしれんね。楽器としちゃものすごいポテンシャルを持っちょるし、演奏の見栄えもするけぇねぇ。

投稿: ポップンポール | 2005.07.24 00:31

ポップン・Keonaさん、コメントありがとうございます。

>エレクトーンは山口におったときにやりよったんかね?

そう、近鉄松下の並びの楽器店に行きよったんよ。
そしたらね、ある日桜馬場の交差点、丸福ホテルの近くで赤い車にはねられたんよ。
それがなけりゃ、今頃は窪田さんと一緒にコンサートやっとったかも~(笑)。

エレクトーンの面白いんはねぇ、例えばサックスを「指で吹く」っちゅう感じかねぇ。
そのまま鍵盤押してもエレクトーンなんよ。
だけど、イニシャルタッチっちゅうて、最初に指に力を込めて少しずつ抜いていくと、見事にサックスの音に変わるんよ。
それがわかると止められんけぇね(笑)。
ベース、フルート、ギター、ハープ、トランペット、もちろんオルガン・ピアノ…
指1本で楽器の音に近づけた時、そしてそれを一人で操ったときは最高!

ほらっ、ポップンさんもやってみとうなったじゃろ?

投稿: まりあ | 2005.07.24 11:43

あー、あそこはスズヤ楽器店ちゅうたかね。はぁないいね?ボクもあそこで最初のエレアコギターをこうたんよ。あの通りと銀南街が青春じゃったね。

エレクトーンは機種ごとに出来ることがちごうたりして、ええ機種じゃったら、結構お金がかかるんじゃないん?楽器としちゃぁすごいんじゃろうけど、シンセみたいに持って歩けんのが、バンドとかで出来ん理由かも知れんね。素人には敷居が高そうじゃけど、やったらハマるかも知れんねぇ。

投稿: ポップンポール | 2005.07.24 22:18

そうそう!「スズヤ楽器店」!
あーっ、胸のつかえがとれたいね(笑)。

はあ無いいんね。
この前帰ったときも、しみじみ思うちょったんよ。

エレクトーンは、はあえらいお金かかるいね。
やっぱり弾いてハマるんは、車と同じ値段じゃけぇ。
でも、「大人のコース」にでも行って触るだけでも面白い。
まあ、ポップンさんも騙された思うて、いっぺんやってみんさりぃや(^_^)。

(…30年以上使ってない徳山弁、思い出すのは大変じゃった(笑)。)

投稿: まりあ | 2005.07.25 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/5093984

この記事へのトラックバック一覧です: 窪田さん:

« 井原クン | トップページ | フジのF-1 »