« 2005年10月11日 | トップページ | 2005年10月17日 »

職場体験

今日、久しぶりに美容室に行った。
前回からイケメンのお兄さんが担当してくれるので、なんだか嬉しい☆。知らないうちに化粧も入念になる(笑)。

ヘアエステを待っている間、ドリンクのサービスがある。
突然、私の背後からメニューカードを出して「どの飲物にしますか?」と、たどたどしく質問されたので、新人さんかな?と思いながら、オレンジジュースを注文した。
しばらくして、アシスタントさんが、

「あの女の子、まだ14歳の中学生なんですよ。」

と教えてくれた。
えーーーっ? 中学生がどうしてここで…???
私の頭の中では、彼女の事情がいろいろ駆け巡った。
お母さんが病気だからとか、家出してきたとか(笑)、良からぬことまで。

そしたら、最近は中学校で「職場体験」というのがあるのを初めて知った。
今日から三日間、彼女はこの美容室で働くのだそうだ。
今日が初日。
殆ど開店と同時に入った私へのサービスが、おそらく生まれて初めての労働体験だったのだろう。

「お待たせしました」
今度も彼女は背後からジュースのセットをそっと出し、とうとう私とは目を合わせないまま去ってしまった。

特に彼女が美容師志望というわけではないそうだが、いろんな職場に配属され、できる範囲で実地体験をするのだという。彼女が三日間でできそうなことは、このドリンクサービス位だろう。
大人の世界に突然一人放り込まれて、かなり緊張してる様子。ずっとうつむいたまま、居場所を探して、隅の方に隠れているのがなんとも可愛い。
学校では毎時間いろんな勉強をするのに、ここでは三日間、ドリンクサービスに終始しなければならない。そのギャップをどう感じるのか?
働く喜びを感じることができるかな?
おそらくお母さんは私より歳下だろう、そのせいか私も思わず母性本能が働いてしまい、彼女の様子が気になってしまった。

ここの美容室では、以前聴覚障害の女の子も仕事をしていた。
いつかその子と手話で会話したいな、と思いながらも、私が習得する前にいなくなってしまったが、いろいろな人生勉強の場を提供している美容室なのかもしれない。

私が終わって退出する頃、彼女はようやく顔を上げて歩けるようになった。
店のユニフォームが意外によく似合って、とてもまぶしかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月11日 | トップページ | 2005年10月17日 »