« MONTEROSSOの猫 | トップページ | アグネスとロミリン »

上川クン

大学時代、一週間の春合宿にK高専の生徒が二人参加してきた。
目がクリっとして前髪がきちんとカットされた男の子と、ちょっと小柄な男の子。
確か当時高専の3年生だったから、大学新入生と殆ど変わらない年齢だったのだが、ちょっと緊張しててそれがまた初々しくて、可愛かったなぁ…。
いつも二人一緒にいて、私(マネージャー)の仕事をよく手伝ってくれた。
その一人(目クリ)が上川クンだった。

彼はその後、ユース代表などに選出されるようになり、東京の大学にも編入した。
そしてJリーグでもそこそこ活躍していた。

しばらく私もサッカーから遠ざかっていたので、その後の彼の記憶は定かではないのだが、いつしか選手ではなくて「審判」としてピッチに立っていた。
その姿を見つけた時には、もちろん驚くと共に、それ以来サッカーの試合は選手ではなくて、審判や監督・コーチ陣の方に目がいくようになってしまった。
自分の同年代が既に現役選手を退くようになった、というのが本音のところだが。

4年前と同じワールドカップの大舞台、開幕日ドイツのゲルゼンキルヘンで笛を吹いた彼の姿を見ながら、私は当時の思い出を勝手に重ね合わせていた。

|

« MONTEROSSOの猫 | トップページ | アグネスとロミリン »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

おお、上川クンご存知でしたか。
ワールドカップ、いよいよ始まりましたが、先日審判として笛を吹く上川さんがTV取材を受けていて拝見しました。
男前のキリッとしたお顔で、おっしゃってることにひとつひとつ頷き、感心するとともに、彼のレフリーする試合は是非とも観なくちゃと思っていたところです。
そう言ってるくせに、ポーランドとエクアドル戦、観そびれました。(泣)

上川さんはその取材の中で、決勝トーナメントの笛を吹くのが目標といっていました。一次リーグの審判内容を見て、関係者の投票があり、そこで高得点が得られたものだけが決勝トーナメントに行けるそうです。
上川さんの名前こそ出ていませんが、今日の朝日朝刊の天声人語にもこの話題が取り上げられていました。
上川さんには是非とも決勝トーナメントへ進んでもらいたいものです。
願わくばブラジル戦なんかを・・・。

投稿: 信天翁 | 2006.06.11 13:39

信天翁さん、こんにちは。
コメントありがとうございます(^_^)。

はい、上川クンとは一週間ほどのお付き合いでしたが、寝食を共にしました(笑)。
ま、彼は覚えてないでしょうけど…。

とってもまっすぐに物を見つめる子だなぁ、というイメージを抱きましたが、そのままな人生を歩んでいらっしゃるようですね。
常に一歩一歩着実にステップアップしてますし。

今回のジャッジにも高評価を得ているようですから、ぜひぜひ夢を叶えてほしいものです。

その応援(!?)のため、ワタクシ今週末から審判団と共にドイツ入りする予定です。

投稿: まりあ | 2006.06.11 14:36

まりあさん、

いまコメントを見ていたら、上川さんが川上さんになっています。(大汗)
一気に書き殴り、アップしたもので、なんともお粗末なことでございます。
できたら訂正などをしたいのですが・・・。

今週末、審判団とともにドイツ入りですか、羨ましい。ワールドカップツアーですか?
羨ましいけど、今のドイツは大変らしいので、アテンドであれば、くれぐれもご注意下さい。
上川さんに会えるといいですね。
まず無理だとは思うけど・・・。
期待は捨てちゃいけません。

投稿: 信天翁 | 2006.06.11 15:07

信天翁さん、どもども。
お申し出の件、うまく処理できました(^_^)。

最初、一旦削除して新しく書き直して頂くしかないのかなぁ?などと考えていたら、管理者が勝手に変更できちゃうんですね(笑)。

おかげで簡単に訂正しましたが、これってなんかコワイかも…

まだ詳細を聞いていない(一週間前なのに!)ので、現地の予定は全くわかりませんが、他にも先輩後輩が多数審判になっていますので、再会を楽しみにしています。

投稿: まりあ | 2006.06.11 15:59

まりあさん、

ありがとうございました、恩にきます。ナンノコッチャ...。(^^;
そうなんです、管理者の方で勝手にと言いますか、できちゃうんですね、これが。
ほんと、怖いといえば怖いですね。
貴重な時間を浪費させまして、あらためてお礼を述べさせていただきます。

それにしても先輩後輩が多数審判してるなんて、羨ましいというかお忙しいというか、とにかく分け隔てなく付き合ってきてくださいませ。(^^;
ドイツの報告、楽しみにしております。

投稿: 信天翁 | 2006.06.11 19:07

まりあさ~ん、人って、思わぬところに思わぬ接点があるものだね、しみじみ。

投稿: ぶーこ | 2006.06.13 08:51

ぶーこさん、こんにちは(^_^)。

そう、思わぬところに接点があるものです。
でもきっと、こういう人って、いつもどこか輝いているんですよね。

そういう人と、たとえほんの一瞬でも出会えたことが、Happinessです♪

投稿: まりあ | 2006.06.13 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/10473321

この記事へのトラックバック一覧です: 上川クン:

« MONTEROSSOの猫 | トップページ | アグネスとロミリン »