« 虹が見えた | トップページ | 部屋の窓から見える風景 1 »

強気のドバイ、悠久のカイロ

Dxb_0011 空港から真っ直ぐに伸びる広い道の両脇には、これでもかという勢いで建設を続ける摩天楼の数々。20年前にはただの砂漠に過ぎなかったこの地は、今や空前のバブルだ。

アラビア湾沿岸には、これまた世界有数のリゾートの仲間入りを果たしたジュメイラビーチ。海上には「世界一高いホテル」BURJ AL ARABが、まるで巨大なヨットの帆のように浮かび、波しぶきを模ったJUMEIRAH BEACH HOTELと対を成す。

海に浮かぶパームヤシ、そしてアラブが中心の世界地図が、間もなくアラブ湾に浮かぶ島となって現れる。

ドバイを構成する人口の8割は外国人。ビジネスチャンスを求めて世界中から熱い視線を送る。日本人も2,000人に増えたと言われる。

ここは既にアラブではないのかもしれない。
イースター休暇に街は浮き立ち、本来アラブの世界で1日5回行われる祈りの声も、ここでは殆ど聞こえない。

外貨が自由に使える反面、物価の高騰がすさまじい。
お客様の昨夜の夕食は50万円を超えた。

Cai_0008 まばゆいほどに金色に輝くドバイの空港を後にし、次に降り立ったのは、カイロ。
到着ロビーを出るなり、人・人・人。
街に通じる道も車の間をぬうように、人が突然横切る。むしろこれぞ、まさにアラブ。車線を無視して隙あらば入り込む車に、道の途中、エンストで停まったままの車、四方八方から鳴り響くクラクション。
カイロに着いて、ようやく人間臭さを感じた。

カフェで水タバコをくゆらすのは、すべて男性。
祈りの時間には、高速道路の中央分離帯にでもお祈りをする男たち。(女性は化粧を落として祈らなければならないので、外では祈らない。)

カイロにいた多数の日本人がドバイに脱出しようとも、4,000年の歴史を誇るカイロは動じない。歴史を敬虔に受け継ぐ男たちの姿がそこにあった。

カイロ3泊目は、お客様とお別れして一人で滞在。
翌日帰りの便まで時間があったので、ナイル川のほとりを歩いた。
ジャガランダが満開のこの時期、頬に当たる風が予想外に爽やかで気持ちいい。
すれ違う人々も次々に声をかけてくれる。
穏やかな日常がそこにあった。

|

« 虹が見えた | トップページ | 部屋の窓から見える風景 1 »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま。ジャガランダ?桐モドキ、熱帯の桜とも呼ばれるきれいな紫の花が咲く大きな街路樹なんですね。熱帯植物園あたりじゃないと花は咲かない日本では観葉植物扱いのようです。世界三大花木のひとつで他の二つはアフリカンチューリップ(火焔木)とピーコックフラワー(鳳凰木)だそうです。外国の花も街路樹くらいは添乗員の常識のひとつですか(^_^.)

投稿: 惑@北の国 | 2007.04.29 09:32

今朝の朝日新聞が、ちょうどドバイの記事を載せていましたね。
あの辺りはまさに天井知らずの発展ぶり。
僕は空港だけでしたが、バンコク辺りとは大違い。
きらびやかで、昼も夜も関係ない賑わいでしたね。

惑さん

>外国の花も街路樹くらいは添乗員の常識のひとつですか

もちろんですよね。
まりあさんのようなベテランだと、実にあらゆることについて博識ですよ。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2007.05.02 10:43

惑さん、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

ジャガランダは、添乗員の常識の一つでしょうね(笑)。
私でなくても、みなさんよくご存知です。
ヨーロッパでは広く分布しているのですが、日本ではあまり見ないのでしょうか?
(日本にいる間は、あまり花の名前を気にしないので(笑))


ピーさん、コメントありがとうございます。

>まりあさんのようなベテランだと、実にあらゆることについて博識ですよ。

はい、世界中の観光地のトイレの場所を知ってないといけません!
バスを降りたら、すぐに訊かれるからね(^_^;)。

投稿: まりあ | 2007.05.02 20:32

ジャガランダを日本で街路樹にしているところはやはりないようです。植物園に行けば見られるかもしれない。というレベルの認知度です。和名をキリモドキと言うのですが、これはブラジルに移民した日本人がネムノキのような葉にキリのような花が咲くことからつけた名前だそうですよ。

投稿: | 2007.05.19 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/14880168

この記事へのトラックバック一覧です: 強気のドバイ、悠久のカイロ:

» 高くない?『燃油サーチャージ』 [たなぼた]
来月ウチの奥さんが海外旅行に行くんだけど、その明細を見て驚いた。 空港税なんかと [続きを読む]

受信: 2007.05.24 07:39

« 虹が見えた | トップページ | 部屋の窓から見える風景 1 »