« 部屋の窓から見える風景 2 | トップページ | 窓から見える風景 (番外編) »

部屋の窓から見える風景 3

Uk0_0000 白い建物、白い部屋の窓から見えるのは、湖から流れ出る川の始まり。
燦々とふりそそぐ陽光を受け止める白い部屋の窓は、部屋も気持ちも明るくしてくれる。

新緑が一番美しいこの時期、自然は何事にも代えがたい。

そんな自然にすっかり溶け込む白いホテルは、洗練されたインテリアと手造り感のこもったファブリックが旅の疲れを癒してくれる。

一週間でもここにいたなら、日本人はもっと他人に優しくなれるのに…
と思わずにはいられない、湖水地方の穏やかな自然。

時が経つのを忘れても構わない。
少しだけでも、心に余裕が欲しい。

|

« 部屋の窓から見える風景 2 | トップページ | 窓から見える風景 (番外編) »

「旅と心と体」カテゴリの記事

コメント

>少しだけでも心に余裕が欲しい・・
札幌だとリラ冷えと言う肌寒いくらいの日がある五月初旬、イギリスも似たような天気でしょうか。窓シリーズはどこか沈んだ感じ(病室の窓からの記事のような・・)を受けてましたが・・。日本でも他人に優しくない日本人が殺伐とした事件を次々に起こしている今日この頃です。ところでガイドさんってホイッスルとかは持ち歩かないですか?あれはバスガイドか、集合の合図とかによさそうですけどね(^_^;)

投稿: | 2007.05.19 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11005/15086673

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の窓から見える風景 3:

« 部屋の窓から見える風景 2 | トップページ | 窓から見える風景 (番外編) »