グルメ・クッキング

花畑牧場生キャラメル スペシャルアソート

花畑牧場生キャラメル  スペシャルアソート
宮崎に行った同僚が買ってきてくれた。

六種類のフレーバーで一個ずつ、六個で相当なお値段だったらしいが、濃厚な味わい、口に入れた瞬間にトロっととろけるまろやかさは、他の類似品を決して寄せ付けはしない。

しかも、箱に描かれているのは、北野武作。
今年だけの限定品だそうである。

…しかし、なぜ宮崎に花畑牧場?

続きを読む "花畑牧場生キャラメル スペシャルアソート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝石箱

宝石箱
ペパーミントグリーンのふたを開けると、中から4つの宝石たちが…

実は自分で詰めました。
ていうか、時々こちらでお仕事させて頂いています。

お店や周囲の雰囲気など、とっても新鮮で楽しい。

あ、転職したわけではありません。
添乗の仕事は冬が暇、反対にショコラティエはバレンタインデーを頂点に超多忙。
まさに需要と供給がぴったり一致の間柄なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Aceto Balsamico di Modena

Aceto Balsamico di Modena
イタリアに行くと必ず買うのが、エクストラバージン・オリーブオイル。
一度この味に親しんだら、もう日本では買えません。
日本には新鮮できれいな緑色のエクストラバージンは見当たらないのです。

イタリアの食材、本当に美味しいものはまだ日本には入っていません。チーズやオリーブオイルなど、日本でも作られているけど、まだそこまでのレベルには達していません。

今回求めたバルサミコ酢もその一つ。

フェラーリの聖地モデナ産のバルサミコ酢。
12年もののtradizinnaleは熟成された甘味があり、サラダにジャブジャブかけても平気な酸味が心地よい。
トマトやバジルに爽やかな甘味が増します。

さらに25年ものは、ジェラートにかけるのです。

ただのお酢です。
されどお酢、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏サンマ

夏サンマ
成田第1ターミナルの「すし游洛」は私の好きなお寿司屋さんの一つ。
空港内レストランの割には、とてもよいネタがある。

萬さばは終わったが、夏のオススメは白身系、平目にカンパチと言われたが、まず食べたのは、サンマ。

今年のサンマは夏から美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lipton Te Verde

Lipton Te Verde
冷たい緑茶、ヨーロッパでもよく飲まれるようになり、とうとうペットボトルも発売されました。

でも…甘い(-_-;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春ふく

春ふく
ステーションホテル小倉、佳乃季にて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

萬さば

萬さば
鹿児島県長島漁港から、寒い季節だけ月曜と金曜に直送される萬さば。
どこに直送されるかというと、成田空港第一ターミナルの『すし遊洛』。

今までのさばの概念が大きく崩れる。
大げさな、と思った方はぜひ一度トライしてほしい。
ホント、大トロよりトロっとしている。

出発前に、こんなにまったりしていいのか?
と自問自答しながら、今日も堪能してしまった(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亀の手

Pa0_0006_2 巡礼地の終着点サンティアゴ・デ・コンポステラでは、北スペイン沿岸の海産物が豊富だ。
巡礼のシンボル帆立貝だって、聖ヤコブが辿り着いた海岸に沢山落ちてる(笑)っていうことから、めでたくシンボルに格上げされたもので、サンティアゴに着いてなお余力のある巡礼者は、そのパドロンの海岸まで行き、帆立貝を拾い集めて土産にするのだという。

界隈の市場やバルには近海ものの新鮮な魚介類がワンサカ。

続きを読む "亀の手"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝の八甲田


待ち望んでたお菓子が、今届いた。

続きを読む "朝の八甲田"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ザッハトルテ

Pa0_0013 お菓子の都ウィーン。

丁度1日フリータイムがあったので、ザッハトルテを買ってきました。

木箱に詰められて、周りを厳重に固定されていたので、飛行機で持ち帰っても全然平気。
チョココーティングされているので、意外に日持ちします。

  

ん? バレンタインデー?

いいえ、自分で食べるもんねー(笑)。

続きを読む "ザッハトルテ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧