くるま

お仕事中

お仕事中
いえ、決してレースクィーンじゃございません(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほめパト

ほめパト
パトカーが近づいてきたらビクビクしますよね。
急にスピード弛めたり、何か悪いことしてないかあれこれ思い巡らせたり。
それで急に合図されでもしたらもう…

でもこのパトカーは違うんです。

続きを読む "ほめパト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

窓から見える風景 (番外編)

Pa0_0006_1 スターティング・グリッド。

路上に敷かれたラインの上にカラフルな車が並ぶ時、緊張は最高に高まる。
マンションの窓から、そして洋上のクルーザーから、シャンパンのグラスが一瞬凍りつく。

コースは、そんな街の中に存在する。

続きを読む "窓から見える風景 (番外編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

決まったね!

亜久里チームの参戦決定(共同通信)
 【パリ共同】国際自動車連盟(FIA)は26日、元F1ドライバーの鈴木亜久里氏が代表を務める新チーム「スーパーアグリ・フォーミュラワン」の2006年シーズンのF1シリーズ参戦を認めると発表した。
これに伴い、BARホンダを離れた佐藤琢磨が第1ドライバーとして同チームに加入することが確実となった。鈴木氏は佐藤と既に交渉を進め、佐藤も前向きの意向を示している。
[共同通信社:2006年01月27日 08時00分]
スパンが短すぎるので、これからが本当に試練のときだろうけど…
ここに記した通り、静かに応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

夢を次々に実現する男

鈴木亜久里氏、F1新チーム発表へ

2005年11月01日12時41分
 自動車レースのF1世界選手権シリーズに1988年から95年にかけて出場したドライバーの鈴木亜久里氏(45)が1日午後、都内で今後のF1活動について記者会見を行う。海外の大手モータースポーツサイト、グランプリ・コムは、来季参戦するホンダの第2チームの主要ポストに鈴木氏が就くと報じている。

同サイトは31日、第2チームは鈴木氏が中心で、メーンスポンサーとしてソフトバンクがかかわるなどと伝えた。新チームはドライバーの一人として、今季までBARホンダに所属していた佐藤琢磨(28)に獲得を申し出ており、佐藤がドライバーとして加わることも確実視されている。
ホンダは10月初旬、来季のF1には現行の10ではなく、新規参入の11番目のチームが参戦し、同社がエンジンを供給し、技術援助も行う方針を明らかにしている。(asahi.com時事)

PA0_0009 「35歳でF1現役を引退し、将来はF1の監督になる」

日本人初表彰台を飾った彼は、当時からこう、さらりと言ってのけた。
この奔放・傲慢ともとれる発言の数々で、かなり非難されたこともあった。
私も何度か話をしたことがあるが、あまりにストレートな物の言い方に、時々ムッとしたこともあった。
でも、彼を嫌いになれないのは何故?

有言実行型の彼、不可能を次々と可能に変えてきた。
彼の行動力を見て初めて、彼の言動が決して誇大広告ではないことがわかる。
自分の人生をきっちり計画し、不思議なくらい自然体で実現する、その底力はいったい何なんだろう?

線引きのきちんとできる潔さ、己を知り尽くした故の発言なのか、とにかく私には到底真似のできない、全く正反対の人間なんだろうな、と思う。
全てがスマート。日本人離れした顔立ちといい、スタイルといい、レーシングドライバーを絵に描いたような容姿。
ラングレーという車のモデルをしていた頃から見続けているので、もう20年位経つだろうか?
密かにずっと見つめ続けてきた私である。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

フジのF-1

以前、パリの街中を

「そこのけそこのけ、ジャパンが通る!」

と、ふぬけたことを言いながら、大手をふって歩いていたオヤジがいた。
(自分のお客様だったんだけど…(笑))
どうしたらそんなことが大きな声で言えるのか? 不思議でしょうがなかった。

今夜のF-1の番組で、司会者が
「ジャパンパワーだ!」
と連呼してるのを見て、これを思い出した。
(佐藤琢磨とトヨタ勢が、中盤で固まっていただけなのだが…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれ?こんな所に…

hi330021.jpg
スペイン広場からコンドッティ通りを抜けてカブール橋に向かう直前に、フェラーリのショップを発見。
以前はこんなとこには無かったんだけどなぁ…
店内には2003年型のマシンが展示され、ミハイル(現地ではミカエル)・シューマッハ選手の大きなポスターがあります。
入口が狭い店の多いローマにあって、この店構えはかなり特殊ともいえます。
ミカエルはドイツ人ながら、イタリアでも凄い人気。やはり瀕死のフェラーリをここまで頂点にのし上げた功績は、封建的・愛国精神旺盛のイタリア人でも素直に評価されているのでしょう。

今回スペイン階段の横の薬屋さんに用があったのに、「緑の十字架」が消えていた!
テルミニ駅地下の新しいスーパーも潰れてしまったとガイドさんから聞かされ、びっくり。お客様がいつも楽しみにされていたのになぁ…
どうやら購入客よりもスリ・万引きの方が多くて、維持が難しくなったらしい。

ミラノ市内も、これまでモンテナポレオーネ通りに集中していたブランドショップが、相次いでヴィットリオ・エマヌエルⅡ世アーケード内に進出してくるなど、栄枯盛衰の波は容赦ないようです。

しかしあんなにブランド買いに集中していた日本人観光客が、最近あまり集中しなくなりました。
お客様の「ヴィトン買いたい」という声や「アウトレット行きたい」という声を、あまり聞かなくなり、少々驚いています。

ユーロが高くなったからね。
ちなみに2年前、ユーロ(現金)が登場したときは1ユーロ=80円。
現在は1ユーロ=140円(現地では150円以上)。
…日本で買った方が安いと思うよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨン様よりゴーン様

はじめに、韓国のヨン様の情報を期待していらした方、全くその話題には触れませんので、ご了承くださいませ。

さて、ゴーン様といえばカルロス・ゴーン。瀕死の会社をエクセレントカンパニーと言われるほどまでに変身させた、日産自動車の救世主です。皆さん周知の事実ですね。
ほんとにその手腕といったら、「小泉さんも少しは見習ったらどうなのよ??」と声を大にして叫びたいほど。社内外・グループ各社に相当の痛みを負った方は少なくないとは思いますが、しかし現在の実績を見たら誰もが評価せざるを得ないところです。「痛みの伴わない改革は無い」と豪語する某首相(もう言ってるが)ですが、痛みばかりで何か評価できる事を少しでも示しているのでしょうか?

このカルロス・ゴーンさん、先日TVのニュース番組に出演なさっていました。
社内での日常、家族との団欒など、ふだん目にすることのなかなかないゴーンさんの姿を垣間見る事ができました。
始業の1時間前には会社に到着し、株価や為替動向をチェックする。そして8時半きっかりに役員会議を召集。一度目を通した情報は頭の中に収めた後、媒体は総て消去。無駄なものは一切とっておかない(私と全く逆)。
部下の言葉が印象的でした。
「ゴーンさんは、1を聞いたら既に10以上理解している人。その上で矢継ぎ早に質問してくるから、怪物。おばけのようにコワイ」
やはり仕事に対する姿勢は、そこら辺の日本人以上であります。
しかしよくありがちな嫌味や皮肉は皆無で、部下の発言を真正面から受け止め、対する返事はとても真摯のように思われました。そのやり取りを見ていて、怖いけれどもとても信頼のおけるボス、という印象を強く持ったのは私だけではないでしょう。

目標とする期間を大幅に短縮して財務体質をすっかり改善強化したゴーンさん。次なる目標はなんと、「今より100万台多く売る」ことだそうで、私を含めて誰もが「嘘でしょう?そんなことできるの?で、できなかったらどうするの?」
と思うことでしょう。
これに対してゴーンさんの返答は
「できなかった時の事を今考える暇はない。できるためにすべき事を考える方が大事だ。」
そうだよね、その通りだよね。それができれば誰も苦労はしない…(ああやっぱり凡人の私)
6車種同時発売を皮切りにスタートしたこの事業、ある意味とても楽しみではあります。

近頃、「横浜国際総合競技場」名称権購入、堤さんの財産「箱根千石原プリンスホテル」買収…と羽振りの良さを見せるゴーン日産ですが、横浜Fマリノスのためにも「みなとみらい21」にゴージャスな専用施設を建設すると発表しました。
marinos1.jpg想像図を見る限り、凄い!凄いですよね。
芝生のサッカーコート4面、クラブハウスの豪華な事…
昼休みに総ての電灯を消し、コピーやプリンタ用紙に格安のわら半紙を使っていた頃とは大違いだぁ~(笑)。(いつの話だ!?)

そんなゴーンさんの意外な一面(TVで見たのですが)
プライベートな時間は家族と一緒に馴染みの焼き鳥屋さんに行く。まず最初に1人1皿サラダを注文してから焼き鳥にかかる。
好きなランチはしょうゆラーメンだとか。
そして好きなマリノスの選手は「坂田大輔クン」。昨秋のワールドユース大会の得点王として活躍した彼。ゴール前での積極果敢なプレーが魅力ですよね。

会社もマリノスも強くなって、あと残るはモータースポーツ…
サッカーと共にクルマにも魅力がないとね。
ラリー・耐久シリーズ…往年の日産には「通」を唸らせる技術と魅力があったはず。
それに惹かれて育っていった有名選手も多いはず。
私もこれで初めてクルマが好きになったのよね。
ゴーンさん、あともう一つ、強力な鶴の一声をお願いしますm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛ちゃん フェラーリ そしてイタリア戦

aichan.jpgconst.jpgyamajapan.jpg

愛ちゃん、初戦突破おめでとう!!

ポイントゲットする度に出る「ヤァーッ!」という声が、まだ甲高くてあどけないんだけど、試合後のインタビューで、
「オリンピックに緊張したのではなく、世界ランキングで私よりも下の人に負けるのが怖かった」
と言ってのけるのは、さすがを通り越して貫禄さえ伺えます。

フェラーリ、コンストラクターズチャンピオンをゲット。
今年の独走を「面白くない」という人は多いけど、この強さを毎年維持できる努力や年々重くなる重圧を克服できる力強さ、信念は本当に凄いと思います。

タイトルには載せなかったけど、柔道もメダルラッシュは凄いね。

おぉっ水泳、北島康介選手も金メダルです!!

さあ、これからサッカー日本vsイタリア戦。
初戦は向こうで全然報道されなかったので、帰国して敗戦を知ったのは残念でした。
しかし時差ぼけのおかげで、今日はこのままサッカーも観戦できそうです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐藤琢磨予選2位

公式予選で2位、とは純粋に2番目に早い! という意味ですね。

【ロンドン支局】自動車のF1世界選手権第7戦欧州GPは29日、ドイツのニュルブルクリンク・サーキットで公式予選が行われ、佐藤琢磨(BARホンダ)が、1分28秒986で2位となり、日本人の予選最高位記録を更新した。
これまでの日本人予選最高位は佐藤自身(今季)と片山右京(1994年)の5位。ポールポジションはミヒャエル・シューマッハー(フェラーリ)で佐藤に0秒635差をつけた。
佐藤は予選走行順を決める予備予選では首位だったが、シューマッハーに逆転された。
[読売新聞社:2004年05月29日 22時17分]

本番では、接触、ピットインなどいろいろな要素がからむため、さまざまな面での優れた能力が要求される。シューマッハが強いのは、予選の早さもさることながら、こうした多方面に優る能力・スタッフとの協力関係が優れているからですが、琢磨クンも本番ではリタイヤすることの無いように、頑張ってほしいものです。
honda.jpg
日本人の決勝最高記録は、鈴木亜久里クンの3位ですが、どうして誰も称えないの?

| | コメント (5) | トラックバック (1)